tochca

2009年11月03日

ガルーシャがま口財布・黒

久しぶりのガルーシャがま口財布、
仕上がりました。
 ga30.jpg

 ga30-1.jpg  ga30-2.jpg
仕上がったときからアンティークビーズバック以上の雰囲気を漂わせています。
やはり天然素材に勝るものはないのかな、と。
良い素材をこれだけの革に仕上げてくれている職人さんにも感謝です。
ガルーシャのがま口、Tochcaから生まれる自信作です。
posted by tochca at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | がま口

2009年11月08日

プリュム、サイズ比較

プリュムショルダーと手提げ、サイズがどのくらい違うのか?
とご質問いただきましたので、センチ(cm)では判りにくいと思うので画像をのせますね。
 プリュムショ.jpg
一回りは大きく、口の部分の型も変えています。 ふっくら感のある手提げよりもすっきりしていて、男性にもお持ちいただけるよう考えました。
右の手提げのプリュムは私が使っているものですが、ずいぶん革が柔らかくなって艶もでてきました。 
とても気に入っているのですが、私はポケット無しにしてしまいました・・ポケットは有、をおすすめします。

今、少しずつHP更新しています、よかったらそちらもよろしくお願いします☆
posted by tochca at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods

2009年11月09日

リュミエール

昨晩はお世話になっているリュミエール(ワインバー)さんへ行ってきました。
一ヶ月ぶりでしたが、やっぱり落ち着く空間。
オーナー夫妻が9月に勉強で行かれた北イタリアの写真が出来ていたので見せてもらいました。
 д.jpg д1.jpg
ワイン畑やチーズ生産者を訪ねたり、そこの方と食事をしたりと通常の旅行では味わえない旅をされていて、写真を見るだけでもとても楽しい気持ちになりました。
そしてやっぱりイタリアは食事がおいしそう!最近ヴェニスに旅行した友人夫妻の話を聞いても食事も本当によかった!と。 近ごろスペインびいきですが、食事だけはやっぱりイタリアには勝てなかった・・と思いました。(でもスペインもおいしかったですよ!)
 
 д2.jpg
リュミエールのオーナーとは待ち合わせをしてないのにパリのクリニャンクールという蚤の市で偶然出会う!という何かの縁を感じます。

お店で是非写真見せてもらってください。
観光とは違うイタリアを見ることが出来ます。
奥様はTochcaのピンクのボナーと共にに旅をしてくださいました。
たっぷり故郷イタリアの空気に触れた(イタリア製の革なので。)ボナー、より艶をまして帰ってきたんだろうな、
また見せてもらおう♪

ワインバー リュミエール
広島市中区薬研堀3−16
082−246−7690
火曜日お休み




posted by tochca at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月10日

セビリア(Sevilla)

アンダルシア日記

今回スペインへは日本から直行便が無いのでパリ経由で行きました。
パリからはRyanair(ライアンエアー)という格安航空チケットでまずバルセロナから少し北にあるジローナという所まで飛び、そこからセビリアまで飛びました。

夜着き、空港から町までバスで行ったのですが、暗くて方向が全くわからずタクシーに乗り換えホテルまで無事・・と言いたい所ですが、夜の市民マラソン大会のおかげで通行止め・・適当なところでタクシーを降りて結局徒歩でホテルを探しなんとか到着しました。

もの凄く危険そうなエレベーターに乗ると、
 1.jpg なんだか怖い表示。
その後エレベーターを使うことは無かったです。

ひとやすみして近所にあった活気あるレストランで食事し、気分よく酔っ払ったフランス人観光客に軽くからまれながら楽しいひと時をすごし一日を締めくくりました。

翌朝、散歩
 2.jpg
この日の朝は少し寒い。
 3.jpg 4.jpg
まずは朝食を、となんとなく感じのいいお店へ。
イベリコハムとたっぷりオリーブオイルのみのシンプルなサンドイッチ、これがとてもおいしかったです。半分ずつでちょうどいい。

基本仕事が早く感心していたのですが、
a5.jpg理由はこれ←
サッカーを見たいのです!! 
サッカーをあまり知らない私たちは、お店を出てまた散歩。

 6.jpg
こうなるまで乗れるんですね。車って丈夫だ。

靴の道具屋さん発見。 
 7.jpg  8.jpg
突然の訪問にもかかわらず親切に対応してもらいました。
ただ探していた道具は在庫なし、残念。

小道をぐるぐる散歩して、川沿いへ。
ボート大会。
 9.jpg
昨夜のマラソン大会に続きかなりたくさんの人たちが参加していました。 サッカーもそうだけど、本当にスポーツが好きなんだな、と感じる朝でした。

ここまでで判ったこと、ここの人たちは本当におせっかい親切だということ。
色々な場所で助けられました♪




2009年11月13日

New 長財布

新作・長財布です。
今回はガルーシャ×ナッパで製作しました。

 37.jpg  38.jpg

通常の長財布に比べ小さめで横幅18cmです。
ナッパを使っているので柔らかく使い勝手もとてもいいです。
ただ、久しぶりに製作途中での失敗が・・
画像を見ていただくと分かると思うのですが、
小銭入れのZip上部分に三箇所、ミシンの油をつけてしまいました。
このお財布は制作上一部ミシンを使っていて、女性の力では無理な工程もあり、1点目、そしてガルーシャを使っているということで、かなり集中している様子だったのですが、集中しすぎて自分の手にミシン油が付いていることに気がつかなかったそうです。
ということで、このお財布は店頭にて価格を下げて販売いたします。

新しい長財布、定番として製作していきます。
posted by tochca at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2009年11月14日

セビリヤの蚤の市?

まだ続くアンダルシア日記。

日曜日の午前中に蚤の市があると知り、早起きして出掛けました。
途中道に迷い、歩いている人に尋ねると、その場まで連れて行ってくれました。 お礼を言ってさっそく蚤の市へ〜♪♪ アンダルシアにはどんな楽しいものがあるのかワクワクで行ってみると、
がら〜ん、人がほとんどいません。
切手やコインが少し売られているぐらい。 
ちょっと早かったかな?ということで近くで朝食を。 それでも人気が無いので近くにある大聖堂の見学を。 
11時、なんとなく不安を抱えながらもう一度行ってみると、がやがや人の話し声が聞こえてきました。 
 15.jpg  16.jpg
人もお店も増えたのですが、ほぼ切手とコイン・・ほぼおじさん。
蚤の市に勝手なイメージを持っていたことに反省しました。
そして午前中というのは、ここではだいたい10時〜14時の事をいうのだと学びました。

製作に使えそうなパーツ等は仕入れることが出来ませんでしたが、天崎くんは自分用に方位磁石を買っていました。
Made in JAPANとはっきり書いてあったのですが、本人は満足そうに店主と硬い握手をし買っていました・・。
 a17.jpg  18.jpg
もちろんその後、その方位磁石を手に歩いたのでした。

2009年11月17日

セビリヤのスーパー

旅に出ると楽しみなのがその土地のスーパー。
日本で見かけないものもたくさんあり、その町に暮らす人に少し近づいたような親近感を覚えます。

スーパーに行くと入口付近に、
 a23.jpg
ハムを足ごと置く台が、
一家に一足ですか?

 a19.jpg  a18.jpg
一家に一足でした。 
おばあちゃんも奥様も一足単位で普通に買っていました。
だからスーパーの入口に足の台ね、納得。

 a20.jpg  a21.jpg
本場なだけにハムの種類は本当に凄かった。

そして、長さが二倍のパスタ。
 a22.jpg
どうして二倍なのか?
知っている方是非教えていただきたいです。

 

2009年11月20日

ホッと。

11月13日にご紹介させていただいたガルーシャの新長財布、
ブログをみて気にかけてくださったお客様にご購入いただきました☆
製作段階でミシン油が付いてしまう・・というミスがありましたが、とても使いやすく小さめで、新しい型として自信をもってお勧めできる仕上がりだったので、早い反応をいただきとても嬉しかったです。 
白のガルーシャは他の色と違い、クリーム色へと変化していきます。 
艶が増すことは他の色と同じです。 
使い込まれて変化したところをいつか見せていただきたいです。

ありがとうございました☆
                         a30.jpg
posted by tochca at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月21日

パリの友人

今日はパリで活躍する友人が12月にファッションショーを開くということで、ちょうどパリに!という方にご紹介です。

彼女は、パリで最初に出会った友人。
会ったその日、一日中いろんな話をしました。
21歳の彼女が持つパワーに圧倒されながらも強い意志や情熱を感じました。
今回パリで会ったときの彼女は、より素敵な女性になっていて、たくさんの刺激をもらいました。
私にはない面をもっている彼女と話すのは本当に楽しく、充実した時間でした。

彼女の考えるファッション、そして私たちに伝えたいこと、パリでショーを見たかったです。


1339230557_7.jpg

平和、ありふれた幸せ、でもそれがたちまち崩れていったら。
真に必要なのは何なのかを私たち自身見直した作品です。
ANAMORPHOSEにちなんだ様々な法則や見せ方を利用してコンテンポラリーダンスとこのプロジェクトのために作られたミニマルな木琴のリズムで新しいファッションの視点を提案する試み。


Arisa Hagino

12月4日 17h30, 19h30 , 21h
association Les Voûtes
19 rue des Frigos 75013 Paris, France
www.lesvoutes.org

彼女のインタビューが載っています。
こちらから→是非。




posted by tochca at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス日記

2009年11月24日

オーダー三つ折財布

今回のオーダーのお財布は、三つ折で出来るだけ小さくシンプルに、というご要望でした。
カードも1,2枚程度必要なものだけを持ち歩かれるということで、このように仕上がりました。
 ? 021.jpg  ? 019.jpg
カードは三つ折の中心に簡単に収める仕様にすることですっきりさせました。 そこにお客さまのご要望で作製したオリジナルプレートを付けすべて黒の中にアクセントを。
普段から革と接してらっしゃるだけに、選び方も迷い無くお好きな黒を選ばれました。
明るい色は変化をたっぷり楽しめますが、濃い色は深い艶をより楽しんでいただけると思います。
この型、男性にはいいサイズだな、と思いました。
こうして日々、お客様のご要望でいろいろな型を考えています。 毎回勉強です。
気に入っていただけてよかった♪
posted by tochca at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2009年11月25日

フランスヴィンテージ生地

今回入荷したヴィンテージ生地を少しご紹介。

どれも好きなものばかりですが、おもしろいのがこちら。
.  フヴィンテージ2.jpg
同じ柄だけど、素材感も色あせも個性が全然違うのです。
アサガオであろう花も雰囲気が違って見えませんか? ヴィンテージ生地の面白いところですね。

d3.jpg  d4.jpg
こちらは私が今回一番好きな生地です。
またまた偶然な事に以前ご紹介した生地と同じメーカーでした。
なんともいえないグリーンの色とカーネーション、バラのブーケが素晴らしく綺麗です。 
少量なのが寂しいですが、まずは名刺入れを製作しました。 

同じところから生まれ、違うタイミングでここへ集まってきた生地たち、なんだか並ぶと不思議な気持ちです。
d5.jpg


posted by tochca at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィンテージ生地

2009年11月27日

チョコレートの箱

お土産でいただいたチョコレート。
こんなにかわいい箱に入っていました。
 チョコレート.jpg チョコレート2.jpg
小さな箱の中にはカメオのような高級感のあるチョコレートが。
箱を開けるとふわ〜とアトリエがチョコレートの香りでいっぱい。
 チョコレート1.jpg 
リアルな犬も凛々しい表情です。

甘いものを普段食べることが無いのですが、お土産でいただくこんなかわいいチョコレート、久しぶりに食べるととても幸せな気分になりました。

posted by tochca at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月28日

白い街

アンダルシア、アルコス・デ・ラ・フロンテーラという白い街

 arcos1.jpg  arcos12.jpg
雲ひとつ無い青空、照りつける太陽、西暦711年断崖絶壁の上にこの街が生まれたそうです。
 arcos13.jpg  arcos14.jpg
車一台通れるか通れないかという細い道が続く。
車が通るときはその辺りの曲がり角や家の入口などくぼみに人が入り車を通してあげる。 
車も人も笑顔でゆずりあい、すごいな、と感じました。

 arcos5.jpg  arcos6.jpg
突然の雨の後、やわらかい光が街をより美しくみせてくれる。

旅からうまれる新しいイメージ、ものづくりに活かしたいです。

2009年11月30日

オーダーショルダーバック

かばんのオーダーをしたいと友人から相談を受け、どの形にするかお店でいろいろ持ってもらったところ、背がすらっと高い彼にはどれも小さく見える。
ということで、革をたっぷり使って大きなショルダーを製作しました。

 sachat.jpg
旅の鞄と比べるとサイズがよくわかります。
 sachat1.jpg
私たちが持ってみるとどうしても何か違うのですが・・
本人が持つと、すごくかっこいいです。

なんでも入る♪と喜んでもらえました。





posted by tochca at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.