tochca

2011年02月02日

Key-ウエスト・ショルダー

アンティークキーを飾りとしてではなく、開閉の留め金具として使っているキーシリーズ。
もちろん真鍮の土台の金具も1点1点天崎が制作しているものです。

 key-ws.jpg
今回は黒×ダークブラウンでオーダーいただきました。
ウエストバックとして持つことはないだろう、ということでショルダーは長めに制作させていただきました。
このタイプは外にZipのポケットが付いているので、以前天崎はその外ポケットをお財布のように使っていました。
今はエメヴァリエをメインで使っているので休ませているのですが、革が少し枯れたようになっています。(よくないです。)
適度に使うことによってこの革はお手入れされていることがよくわかりました。 クリームと水拭きでケアして定期的に使い革を復元させていきます。
いい状態に戻った頃に紹介させていただきます。

 key-ws1.jpg
黒×ダークブラウン、男性らしい素敵な組み合わせです。
遠方のお客様だったので、色の組み合わせ決めるの難しいかな?と思いましたが、イメージをしっかりお持ちで即決でした。
このバックはピンク等明るい色合いだと女性的に、シックな色合いだと男性的に、色によってバックのイメージがぐっと変わるので男女問わずお使いいただけます。
中には親子でお色違いでお使いいただいています。

Key-ウエスト・ショルダー 50,400円


明日はお休みです。
よろしくお願いします。


posted by tochca at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods

2011年02月04日

エメの革 リバース

エメトートをカスターニョ(焦げ茶)で制作。
今回のカスターニョ、革がつまっていていい感じです。
 emeto-to80.jpg
エメシリーズの革はリバース(裏返し)という名前の革。
通常革は銀面という革の表面を表に使います。
(当たり前ですね・・)
けれどこの革は銀面を裏に使い、名前の通り床面(裏面)に染色を施し表に使うように作られています。
もとはミネルバ(ナッパ)やリスシオと呼ばれる革と同じものです。
ミネルバ・リスシオとして使うには銀面に傷の多いものを、質は同様に良いので床面(裏面)を染色加工し、さらにオイルをよりたっぷり含ませ仕上げられている革なのです。
キズ、色むらありますが、銀面の質感、革自体の質感がとてもいいのです。
トーチカではリバースという名前に反して通常の銀面を表として使っています。なので今回のトートの様にたまに数字のスタンプが押されています。これは床面に押されるもので革の大きさや等級を表しています。
床面がきれいに染色されているのでほとんどの型は一枚仕立てで仕上げています。
ミネルバともリスシオとも違うしなやかでコシのある感じ、エメシリーズはまさにこのリバースという革にぴったりな型なのです。
ミネルバ・リスシオで制作できる型もありますが、断然リバースの方が合います。
キズ、色むら等革好きの皆さんほとんど気にされないのもこの独特な革の質感に魅了されているのだと思います。
とはいいましても丁寧にストックの商品の状態をお知らせしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
見に来ていただくのが一番ですが。

 emeto-to81.jpg
ririダブルZip、このファスナーもいいですね、かれこれ10年以上使い始めて一度もZipがパンクしたという修理は一度もきていません。
トートの口部分にファスナーが付いていることで安心ですが、マチが落とし込んであるので、ファスナーが開いていても自然に口が閉じるように考えられています。

エメ トート 73,500円 3色展開


posted by tochca at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 革について

2011年02月05日

ヨブスと広島三越

今日はヨブス、グランドファザーズガーデンの生地をカットしていきます。
 
 jobsg10.jpg

 jobsg12.jpg
昆虫苦手ですが、ヨブスの絵柄の中に出てくる昆虫はどれもかわいくて大好きです。
どこも無駄にならないよう慎重にカットしていきます。
スクエアバック、トートバック、ミニバック、2Wayバックを制作予定。
その他ヒマワリやアダム、パンプキンの絵柄でも制作進めています。
どれもステキです!

2月15日(火)〜2月21日(月)まで出展する三越広島店、春のオーダー&リペアフェアにてお披露目させていただきます。

少しですが、天崎の実演もありますので見にいらしてください。
1Fワインショップ『エノテカ』前に2人で居ります。(入り口すぐ)

期間中トーチカのお店はお休みいただきます。

ヨブスの仕上がり楽しみです♪ 進めていきます。

posted by tochca at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年02月07日

天崎の仕事

天崎が制作している工程で、10年経っても未だにこういう作業があるんだ、と気づくことがあります。 私は作業では助手として任された事を進めていきますが、天崎はつねに想像、工夫を繰り返しているように思います。
今日も作業中、ふと顔をあげるとマグネットのあたりが表の革にでないよう一つ一つ処理していました。

 1011.jpg
 1012.jpg
 1013.jpg
 1014.jpg
マグネットの裏に革をはり、指で加減をみながら包丁で漉いていきます。
 1015.jpg
左が革をはったところ。 右が漉いた後。
感覚を要する繊細な作業で、包丁は指が少し触れただけでもきれてしまうほど研いであります。
すべて漉き終わるまで何度も包丁を研いでいました。
裏に貼る革も見えないからどの部分でもいいわけでなく、良質な部分を使っています。
これにも勿論理由があります。

 アトリエに遊びに来た友人に、思ったよりストイックな作業だね、なんていわれますが、こういう見えない所までしっかりひと手間かけることが仕上がったとき、使っていったときに良さとして表れるのだと思います。

今日もものづくりの精神、一つ学びました。


今週の木曜日は営業いたします。
よろしくお願いします。

posted by tochca at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Tochcaの仕事

2011年02月11日

お財布制作

ガルーシャを使った薄型の二つ折り財布2点が仕上がり(いい仕上がりです!)、今日はフランスヴィンテージ生地を使ったお財布制作に入っています。

 typefsp-c.jpg
1点目はモストという色で制作しています。
この色は画像では分かりにくいですが、ローズピンクという表現が合うような、なんともやさしいお色です。
入荷少しですので、気になられましたらお早めに。

そしてこの革に合わせるヴィンテージ生地は、
 typefsp-c1.jpg
こちら。
いよいよ最後の生地となりました。
モストと合わせるのを待っていたかのように絵柄のお花と色が同じですごく相性いいです。

この生地はキャスキッドソンの生地ですね、といわれることがあります。
確かに絵柄は同じですが、キャスキッドソンでは無くこちらはそのオリジナルの生地なのです。
お一人で4型ほどこの布でお財布をオーダーされた方がいらっしゃったほど人気でした。

最後の1点、仕上げていきます。





posted by tochca at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2011年02月12日

お知らせ

今朝は大雪の広島でした。
歩道もシャーベット状ですべりやすく一日大丈夫かな?と思いましたがお昼前には止みました。
キリッと寒い朝、たまには吹雪く朝もいいものです。
学生時代、自転車での登校途中シャーベット状の雪で下り坂みごとに滑り転倒したことを思い出しました。 痛かったな〜

話は変わりまして、
お知らせです。
明日日曜日、お店の方お休みいただきます。
アトリエには居りますのでご用の方はお尋ね下さい。
急で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Tochca



posted by tochca at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年02月22日

お知らせ

三越より帰って参りました。
1週間ぶりにアトリエで過す時間はやっぱり落ち着きます。
色々と勉強になった三越でした。

さて、このところお休みをいただいていなかったもので、
明日、水曜日と木曜日お休みいただきます。

本日はお店もアトリエもさっきまで片付け作業で慌しく、
オーダーに来られたお客様に気を使っていただき後日打ち合わせになったりとご迷惑お掛けしました。

新作バックやお財布も仕上がっておりますので金曜日よりしっかり準備してお待ちしております。
ガルーシャがま口財布黒も仕上がりました。
是非見にいらしてください。


posted by tochca at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年02月27日

ご迷惑お掛けしました。 復活しております。

水木お休みの予定が、体調を二人ともくずしてしまい土曜日までお休みいただいておりました。
お休みの間ご来店いただいたり、ご連絡いただいたり大変申し訳ありませんでした。
Faxを送っていただいたお客様、電話を携帯に転送されるように設定していたため、受信することが出来ませんでした。 お手数ですがもう一度ご都合の良いときに送って頂きますようお願い申し上げます。

月曜日に広島三越さんでのフェアが無事終わり、初めてでしたが担当していただいた三越の方、三越メンズフロアのKさん、レクエールの山下さんに助けられ色々勉強させていただきました。
何度も出店されている広島の靴職人VIOLETの安仁屋さんと初めてお話させていただき、靴作りや鞄作り、革の話など普段なかなか出来ないお話も出来、充実した時間を過させていただきました。
安仁屋さんの作られている靴は、しっかり綺麗に作られているなかにも手作業を感じられ、見るだけでご本人らしさが感じられる空気感がとても出ていてすてきでした。
靴と鞄、革を通じまたゆっくりお話させていただきたいです。
他にも万年筆のオーダーやオーダー化粧品、オーダージュエリーなど県内外から出店されていました。 私は最終日に、帽子のオーダーに天崎とメンズフロアに向かったのですが、探しても探しても見つからない、そうです、前日で終了だったのです。
またの機会に三越さんへ伺います。
お世話になった方々、三越まで足を運んでくださったお客様、ありがとうございました。



そしてひとつご連絡。
もう前ですが前回のBeginに掲載されたKey-ウエストショルダーですが、現在入荷分の革は掲載時の革の質感と同じで入荷しております。
お問い合わせいただきましたが前回分の革はシボ感が無かったため、イメージがわきにくくやめておこう・・と思われた方、同じように制作できますのでご検討下さい。

 k4.jpg

 k4-2.jpg
後Zipポケットもあり使いやすいです。
天崎は後Zipポケットをお財布代わりに使っていました。
ウエストバックとしてお持ちになられない方にはショルダーを長めに制作させていただいております。

気づけば2月も終わりですね、3月はしっかり体調管理して制作に励みます!







posted by tochca at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.