tochca

2011年07月02日

D型ダッフルショルダー

もう7月、早いですね!
蒸し暑く空気が重く感じ、少し出掛けるのも足が重たく感じて体力なくなったな・・・と感じていたこの頃。 天崎にその事を伝えてみると、大丈夫おれも同じだから、といまいちどう大丈夫なのかわからない返答がかえってきました。
でも今日はちょっとすごしやすいような。
暑いのはいいですが、湿気がいやですね!

さて、久しぶりの更新となった今日は久しぶりにD型ダッフルショルダーのご紹介♪
長〜い定番商品で、型も当初より変えていませんが、男女共に使いやすいショルダーバックです。

 ddz1.jpg
今回のオーダーはコニャック×ブルーの革。 使い込んでブルーがネイビーになるとかわいい感じからかっこいい雰囲気になっていきます。

 ddz2.jpg
Zipつきの外ポケットを追加されました。 この部分のステッチは2色で。

 ddz3.jpg
内ポケットは基本で付いています。
木をけずって留めのボタンをつくっています。(革をまいていますが)
使い込んでも中は木なのでくたくたになってきません。(いつまでも留めやすいです)

荷物が多いときは一番下の画像のようにフラップ代わりにおっている革をのばして使うと容量が増え使いやすいです。

D型はずっとZipで口を閉じるタイプを店頭に並べているので、久しぶりにこちらを近く制作する予定です。 

またご紹介させていただきます。


熱中症に気をつけて、良い一日を♪





posted by tochca at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods

2011年07月03日

ガルーシャ

オーダーじゃばらのお財布です。
お財布をポケットに入れられる方でもぎりぎり納まるサイズです。(パンツによりますが)

 gajb1.jpg
ガルーシャだと迫力ありますね、

 gajb2.jpg
ウォレットコードを付けられるかもしれない、ということでハトメを真鍮で製作し付けさせていただきました。
市販のハトメとは金属が肉厚で存在感が違います。

 gajb4.jpg
内側はカード入れ6枚、小銭入れ、札入れが一度にみられるので使いやすいです。
Zipの引き手を見てください。
こちらもお客様のご希望でオリジナルで制作しました。
一枚の真鍮板から小さな丸を糸鋸で切っている様子は・・私が真似できない作業のひとつです。
でも一手間一手間と工夫・発想が合わさって他に無いひとつが仕上がるんだといつも感じます。

お財布の修理のとき、天崎が使っていたこのお財布のプロトタイプ2点を代財布としてお貸しいているのですが、なかなかの評判で修理後帰ってきます。
使い込んでいると革が柔らかく馴染んでいるので、新しいときより魅力を感じていただいているようです。


昨日でオーダーの長財布が2点いい仕上がりで終了し、夜は美味しそうに友人とお酒を飲む天崎でした。
今日からまた新しいオーダー分の制作です。 
学生時代のドラフター(製図で使う台)をだして線をひく天崎です。
(パソコン使えない私たち・・)







posted by tochca at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2011年07月05日

エテ トート

ご紹介遅れていますが、エテシリーズ仕上がっています。

今日はエテトートのご紹介。

 eter3.jpg
フランス軍のデットストックのリネンでとても詰まっていてぷにぷにした感触がいいです。
持ち手も手持ち用と肩掛け用の2種類ついています。
この持ち手のテープは同じくフランス軍のデットストックのもので、パラシュート部隊ように作られた丈夫なテープです。 色はベージュとカーキがあり、中央のステッチがかわいいです。

 eter4.jpg
底の革の部分は取り外せ、本体を手洗いできるように作られています。
バックの内側に底板をはめているので、手洗いするときにはずしてください。
底板があることで荷物がしずみにくく、型崩れしにくいです。

 eter5.jpg
内側にもアクセントにテープを。
大きめで普段使いからピクニックなどアウトドアまで幅広くお使いいただけます。


posted by tochca at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods

2011年07月12日

Hoppendakkoファミリーが来た♪

昨日は東京から革製品を制作している、ホッペンダッコファミリーが夏休みにトーチカに遊びに来てくれました。
今までメールでは何度かお話したことはあるものの会うのは初めて。
楽しみにその時を待っていました。
お会いするとなんだか不思議な感じ、すっと打ち解けてなんだかはじめて会った気がしませんでした。 共通の革製品を制作してるということや、いろんなこだわり・思い、なんだかするすると距離が近づいてすごく心地よかったです。
お話しするにはあまりにも時間が足りなく感じ一緒に食事へ、
広島ということでお好み焼きやさんへ、お好み焼きでもソースではない塩味のお好み焼きの、味庵へ。(レクエール山下さん一押しです。)

 hopf2.jpg
ホッペンダッコファミリー
ちびっ子三人に(少〜しご機嫌斜めなお兄ちゃんです。) お母さん(アップです)。
写真の通りにぎやかで笑顔のすてきなファミリーです。
私も12月はじめには初めての出産がまっており、マタニティライフを楽しくすごせる素敵な本を3人の子育てをする先輩ママからいただきました♪
2ヶ月のハンナちゃんをアトリエで抱っこさせてもらい、まぁその美しさにうっとり・・ニコ〜と笑ってくれるともうアトリエがなんだか良い運気でも漂っているかのようなすごくやさしい気持ちにさせてくれました。

これまで、今、これからのこと、制作のこと、子育てのこと、共通の大好きなお酒の話など色々お話しましたが、まだまだ話し足りないな〜という感じでした。
これから少しずつお会いするたびに話せるといいと思います。

それにしても焼酎、みんなよく名前知ってたな〜 メニューなくても言えるぐらいでしたもん。
私もお酒復活したら仲間入りしたいです。

同じ革を使っても色んな作風があって個性があって繋がる部分はあるけど色々枝分かれしてる、
おくが深くておもしろい事を仕事にできていて幸せだな、と感じる一日でした。

遠くまでありがとうございました♪
まだ夏休みは続くホッペンダッコファミリーなのでした。
(今日もにぎやかなんだろうな〜笑♪)

Hoppendakko ホッペンダッコ
Address: 東京都世田谷区梅丘1-9-12 UTハイツ1F
Tel&Fax: 03-6321-4581
open 11:00 - close 18:00
営業日:火、水、木、金、土(日月定休)
※しばらくの間は火曜、水曜、土曜の12時〜17時までとなります。

私達まだ行けていませんが、東京に行かれる方多いと思いますし是非お先に行ってみてください。




posted by tochca at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年07月16日

休みのある日のこと

一昨日の木曜日、朝から田舎へ行ってきました。

車の窓をぱーっと開け、森林浴をしながら一時間ほどのドライブ。
朝の空気はおいしいです。
着いてまずは小屋の窓を開け放ち、空気の入れ替え。
それから母が植えているトマトなどの野菜を少し収穫、採れたてのトマトは甘いです。
それから布団を気持ちのいい太陽の下ほして少し散策。

 yosgig.jpg
崖にできるらしい?イチゴの一種。(たぶん) すっぱいけれど自然の味がしておいしかった。
 yosmm1.jpg
小さな畑に生え放題のミント。 モヒートにしたら美味しそうだな〜と。

その後庭の芝刈りを。
 yoski1.jpg
電気も燃料も使わない手動の芝刈り機。これが良く切れて重いけれど使いやすいのです。
芝刈りしてるとぴょんぴょんかえるが跳んで出てきます。
 yoskik2.jpg
ちゃんと芝刈り機をよけてくれてます。

天崎は基本力仕事が多いのでいつも汗びっしょりです。
シャワーを浴びてお昼を食べていると涼しい風が通ってなんとも気持ちいいです。
これから秋まで田舎が最高な季節です。


その日の夜は友人夫婦と食事。
ものすごく美味しいビールが飲める、ビールだけのお店があるということで呉まで連れて行ってもらいました。 が、お休み。 残念でしたが(ま、今どちらにしても私は飲めませんが。)呉市の広というところまで足をのばし居酒屋さんへ。
辺ぴな場所でしたが、6時半ごろでもお店はいっぱい。 美味しい所はみんな良く知ってますね。
懐かしい雰囲気のする居酒屋さんで楽しく食事、その後呉まで戻って屋台へ。
広島産のレモンを丸ごと絞ったジュースがさっぱりしてとっても美味しかったです。
屋台のメインはまぜめん屋さんでそちらも美味しかったですよ。

友人夫婦の写真を年に一回撮ろうとまえから話していて、スナップを。
この日は古くからあるドイツのメーカーのフィルムで気合を入れ数枚シャッターをきる。
私も横からサブのデジカメで撮影参加しました。

 gkh701.jpg
 gkh702.jpg
天崎のライカはこの友人に見つけてもらって手にできたもので、そんな友人夫婦の記念の一枚を撮れたこと天崎も嬉しかったようです。
これから毎年撮り続けていきたいです。

フィルムカメラはデジカメと違って仕上がりが現像しないとわからないところがいいですね、
どう撮れているか楽しみです。


余談ですが、
今回私が撮っているデジカメの望遠レンズは以前にお話した水没して捨てられていたレンズを天崎がばらばらにして直したものなのです。
きれいに撮れていますよね? あそこまで直るのはすごいとあんまりにも本人が言うのでここで書いておきます。 高いレンズ買わなくてすみましたし、ホントよかったです。




posted by tochca at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月18日

モスト

なでしこジャパン優勝しましたね、朝のニュースを見て思わず涙してしまいました。(近ごろ妊婦のせいか涙もろい・・・)
今日は朝から元気をたくさんもらいました!

さて、モスト(ローズピンク)で制作したじゃばら長財布です。
同じ型をいくつかお持ちのお客さまで、今回は留めをドイツホックにされました。
 mostdo1.jpg
モストの色もいいですが、ドイツホック、ヴィンテージボタン留めと比べると大きめなので存在感があり大人っぽい仕上がりです。

 mostdo2.jpg
裏はグリーンのスウェードとつるつるしたアメ豚のコンビにされました。
(これにも意味があります。)
ステッチはスェードと同じグリーン。
小銭のZipをL字にされたり、お財布の高さを少し抑えられたり、こだわりのつまったお財布です。
いい仕上がりです。

モストは少ししか入荷がなかったため、どう変化していくかイメージでしかお伝えできませんでした。 実際使っていただいて変化を見せていただくのが楽しみです。

今はガルーシャとモストのコンビのお財布を制作中。
こちらでモストの制作は終了です。
いい色なのに定番でないのが残念です。

連休最終日、この辺り静まりかえっていますが・・元気ももらったし、はつらつと制作進めていきます☆

posted by tochca at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2011年07月20日

名刺入れ

オールレザーの名刺入れ。

 olimeg1.jpg
いちばんコンパクトで薄い仕上げです。
ヴィンテージボタンの小さいものを表につけたものもありますが、今回は無しでより紳士的に。

 olimeg2.jpg
内張りにはスェード・グレーを選ばれました。
なのでコバはグレーのロウで焼き固めました。
薄い色のロウは焦げると色が変わるので温度調節に神経を使うと天崎は言います。

 olimeg3.jpg
靴や鞄など革製品のコバ仕上げに使われるロウ。
このグレーは材料店の奥〜に埋もれてあったものでフランス製と書いてあり、今はドイツ製に変わっています。
(理由は知りませんが、品質は同じです。)

コバ仕上げは、色をのせているだけの物も多く、使っているとコバ表面の顔料は取れてきます。
それに比べロウは何倍もの手間はかかりますが、革の中までロウを染込ませて固めているので、革と同じようにコバも艶が出てきます。 

お客様にも喜んでいただけました☆
この名刺入れでまたまた成績が上がるそうです! 嬉しいです。


さて今日はFLORAISONさん行きのエメショルダーが仕上がりました。
堂々の仕上がりです。

posted by tochca at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods

2011年07月22日

昨日の田舎

昨日も田舎へ。
朝から午後までずっと涼しい風が小屋の中を通り、きもちのいい日でした。

まずは少し収穫。
 osyti4.jpg
トマトはびっくりの甘さでとってもおいしいです。
田舎は高地なので野菜も果物もこれからです。

 osyit1.jpg
見ているだけでのんびりした気持ちになる景色。
小さい頃から来ていますが、いつまでも変わらない風景です。

 osyti2.jpg
まだまだ紫陽花がきれいに咲いていました。
 osyti3.jpg
近ごろ色んな種類の紫陽花がありますが、私はこのシンプルなブルーの紫陽花が季節を感じられて好きです。
田舎に良く似合う色です。

そして昨日も恒例の芝刈りを。
日ごろ座っていることがおおいので、芝刈りをすると運動した〜!と気分爽快です。
(すっかり日に焼けてしまいましたが・・)


さて今日はアンクレットの制作です。
第一弾はFLORAISONさんへ行きます。



posted by tochca at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月25日

アンクレット

先日仕上がったアンクレット、初回分はFLORAISONさんへ行きましたが天崎が試作分を着けていて、違和感がない。と気に入っているようでした。
アクセサリー類を全く身につけないタイプなのでアンクレットなんて今まで縁のないものでしたが、これはいい、ということです。
身に着けて違和感のあるものが苦手な本人が制作しているだけあって考えられています。
ゴムが切れた場合の修理もできますし、その時アンクレットからブレス用のゴムの長さにも変えられますし、長くお使いいただけるのではと思います。

 ancc1.jpg
 ancc2.jpg
価格もお手ごろな3,360円(税込み)です。
ゴムの色は全12色 (お問い合わせ下さい)
ゴムの長さ23センチです。


話は変わって、先週の土曜日にあった花火大会へ行ってきました。
友人と待ち合わせるも携帯電話が混雑のせいかつながらず・・ちょっと困りましたが無事合流し
体に響く音圧や火薬の匂いに夏を感じるひと時をすごしました。
 uhanabi1.jpg
 hanabiu2.jpg
花火っていいですね、夜空に打ちあがる花火には時を忘れて見入ってしまいます。

翌日、映画おにいちゃんのハナビを見たのでした。
新潟、いつか行きたいな。


さて今日は修理のお財布進めております。

posted by tochca at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods

2011年07月30日

Key−長財布

オーダー、アンティークキーで留めるタイプの長財布のご紹介。

 key-lp5.jpg
革の色はキャメロ・糸はグリーンを選ばれました。
ナッパとリスシオのコンビでも制作できますが、今回はリスシオのみで。
小銭入れもZipタイプの定番からスナップタイプのより大きく小銭入れが開くタイプに変更されました。
 key-lp4.jpg
カード入れは8枚タイプと6枚タイプからお選びいただけます。
札入れにはマチをつけることも可能です。(他の長財布でも可能です。)

 key-lp2.jpg
外ポケットが付いているので、ちょっとしたものをさっと入れるのに便利です。

茶系は現在、カスターニョ・ダークブラウン・ノーチェ・コニャック・キャメロ・イエローとグラデーションのように少しずつ色みの違う6色そろっていますが、キャメロは定番ではないのでそろそろ終了になりそうです。
気になられた方はお早めに。


Key−長財布 50,400円(カード6枚タイプ)
        52,500円(カード8枚タイプ)
小銭入れ スナップタイプ +3,150円 (通常はZipタイプになります。)
札入れマチ        +5,250円


今日は同じKey−長財布でも色違いのオーダー分を進めています。
色の組み合わせが違うと全く違った雰囲気をもつので制作していても新鮮で楽しいです。







 
posted by tochca at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

製品の価格について。

製品の価格について。

9月16日よりお受けするオーダー、店頭分すべて価格がかわります。
革を作る際のタンニン剤の度重なる高騰などから革の価格が上がることになった、と革屋さんから連絡が来ました。
これまでもユーロ高などで何度か革の価格が上がり、ユーロが下がり少し革の価格が戻ったものの使い始めた当初に比べるとそれでもずいぶん上がっています。
商品の価格はできれば変えたくないのですが、これからも良いものをご提案するために今回価格変更させていただくことに決めました。
8月中旬までには詳細お知らせいたしますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。
9月15日までのオーダーについてはこれまでの価格と変わりません。
今後ともよろしくお願いいたします。

Tochca
 天崎 登・留美

posted by tochca at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年07月31日

ガルーシャじゃばら長財布

定番じゃばら長財布をガルーシャで制作。
ぐるっと全面ガルーシャで制作したいとご希望で、ラスト2枚のガルーシャ赤のうち大きい方を型紙にあててみるとぴったり取れるサイズでご要望通りに制作することが出来ました。
 znjgabo1.jpg
画像でなかなか伝わらないのですが、持ってみるとしっとりとしたガルーシャの革の柔らかさがあり、いい質感を手に感じます。

上質なガルーシャ(エイ)ですよ、とよくここにも書いていますが、やはり実物を見てみないと伝わらないことも多いようで、遠方のお客様からのオーダーでガルーシャのがま口などを送らせていただくと、実際そのさわり心地・しなやかな質感に驚かれます。
(質は間違いないので、日々制作の質も負けないよう努力を重ねる天崎です。)

 znjgabo2.jpg
 znjgaboui3.jpg
じゃばら財布はカード入れが12枚分付いていますが、10枚にされて一箇所ポケットに変えられたりと内側も変更できます。

ガルーシャ赤、このじゃばら財布と最後の一枚もお財布となり、店頭にあったがま口タイプも先日お客様の元へ行きアトリエには一枚もなくなりました。
いつも十分の枚数だとおもって仕入れてくるのですが、毎回評判良くてホントありがたい限りです。
強い革なぶん、制作前の処理に時間がかかりますが、気に入っていただけている様子を天崎に伝えると毎回、この一手間が後に大切なんだ。と自分に言い聞かせております。
喜んでいただいて、よりいいものを制作しようとがんばれる、その繰り返しを続けていきたいものです。


posted by tochca at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.