tochca

2013年11月09日

帰ってきています。

やっと頭もはっきりしてきて通常業務に戻ってきました。
往復の飛行機、滞在中、とにかく楽しそうでいい子だった息子、しかし、帰ってきてから時差ボケがひどく、、毎日夜中の1時〜3時ごろすっきりと起きるのです。
そして昼間こんこんと寝続ける。 これには参りました。
今朝も朝4時過ぎ、真っ暗な中公園へ出かけていきました。
あと一週間もすれば日常に戻るでしょう。 たくさんお休みもらいましたしがんばります!


少し旅の思い出を。
友人たちと本当に久しぶりにゆっくりランチを。
3時間近く食べていたような。
 IMG_0310.JPG
普段行かないような素敵なお店を予約していてくれて、パリに来たーという感じを味わいました。
今回天崎も息子もエッフェル塔も凱旋門も見てないですし。 かろうじてこの時私はエッフェル塔を見ましたが。
それだけ下町を歩き回っております。
 IMG_0312.JPG
 IMG_0313.JPG
やはりお肉です。 日本のようなやわらかいお肉ではないですが、私はかみごたえのある赤身のお肉が好きなのでパリに来たら必ずお肉を頼みます。
とっても美味しかった。
もちろんデザートもいただきました。

その後はコルビュジエのアトリエへ。
 IMG_0331.JPG
写真では見ていましたがやはり素敵な空間でした。
今はほとんど何も置いてありませんが、アトリエとして、住まいとして使われていた時の方が当たり前ですがいきいきしていた空間だったのだろうな、と感じました。
 IMG_0324.JPG
最上階なだけあって見晴よしです。
自宅兼アトリエだけあって随所にコルビュジエらしさを感じるような作り、面白さを感じる空間でした。

パリは美術館、博物館、そしてアトリエなど気軽に足を運べるところが魅力的です。
そしてご飯が美味しい。

パリ日記少しずつ更新できたら、と。
よかったらお付き合いください。

ガルーシャのオーダー再開しています。
3色とも、よい質、大きさです。
定番以外の色も小さいサイズで入荷しています。
ヴィンテージのミリタリーボタンも300個近く入荷。
入荷状況なども更新していきます。

よろしくお願いします。

posted by tochca at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス日記

2013年11月15日

お知らせ

がま口財布オーダー再開のお知らせ

長くご注文をお受けできなかったがま口財布、
本日よりオーダーお受けできることになりました。

パリのがま口工場で製作してもらっていたのですが、注文通りのがま口が出来上がらず、
今回3度目の正直でまたお願いしていたのですが、前と同じように作ることが難しいという答えでした。
メッキの工場が無くなってしまったり原因はいくつかあるようです。
ただ、最初につくってもらったがま口がとてもすばらしい雰囲気、質感だったので諦めきれず、今回パリに行く前から国内で作ってももらうことも考え、金具屋さんと打ち合わせをすすめていました。
やはり最初は国内では見かけない仕上げなので話は思うように進まないかと思われましたが、日本のプロフェッショナルはやはりすばらしかったです。
どういうふうに仕上げてほしいかなど完璧にくみ取ってくれ工場へ伝え、仕上げだけでなく精度も以前より高いぐらいに仕上げてくれました。
大満足の仕上がりです。
なので今回から国内生産のがま口にきりかえました。
コストが以前の3倍ほどになりましたので、申し訳ありませんが、+1,050円とさせてください。
でもとても精度がよいですし、長く使って壊れてももう不安はありません、いつでも修理できます。
どうかご理解いただけると嬉しく思います。

 DSC_0259.JPG
価格は、
オールレザー 37,800円
ガルーシャ  58,275円 になります。
ガルーシャはいつものようにあまり数が取れませんので気になられましたらお早目にお問い合わせください。
今は3色良い質で揃っています。

久しぶりのがま口財布、わくわくしています。
posted by tochca at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | がま口

2013年11月17日

久々ダークブラウンで。

ガルーシャにがま口も揃い、アトリエ内がとても充実しているこの頃。
久しぶりにダークブラウンのガルーシャでお店用に長財布制作しました。
ボタンも今回仕入れてきたもの。
同じ絵柄でアルミ製のものは以前仕入れたことがあったのですが、今回は真鍮。
これもまたいい具合に古びていていいです。
ボタン、今充実していますので選ぶのも楽しいですよ。
 DSC_0253.JPG
(Productに更新しました。)

余談ですが、本日天崎がっくりな事件が。
ある雑誌のお財布特集に何点か商品を掲載していただくこととなったのですが、本人の体調不良で発送がぎりぎりになってしまい、結果撮影に間に合わなかったのです。
それを今日ご連絡いただき、自分の体調管理について深く反省している様子です。

過ぎた時間は戻ってきません、気を取り直していよいよ口金を使った新作のバックの案をまとめていきます。




posted by tochca at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2013年11月18日

張り替え

ヴィンテージ生地を使ったお財布の張り替え。
こちらのお財布は今回で2度目。

 DSC_0247.JPG
ここから、
 DSC_0255.JPG
張り替えるとこんな感じに仕上がります。
ストラップ、パイピングも新しくなるので表から見ると全く新しいお財布、
開いて中をみると今まで愛用してきたお財布のまま。
こちらのお財布、型崩れもほとんどないのでもう一度張り替えてお使いいただけそうです。

ヴィンテージ生地でも、オールレザーに変えても価格はこの中長財布で11,550円です。

生地は汚れそうで抵抗があるかたもいらっしゃると思いますが、張り替えながら長くお使いいただけますので心配なく普通にお使いいただいて問題ないです。
みなさんの張り替えの目安は最初は4年ぐらいで、その後2年、その後はそれぞれ。
こんな感じです。

posted by tochca at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2013年11月23日

ガルーシャがま口 黒

数年ぶりにがま口財布製作です。


ガルーシャ黒
 DSC_0278.JPG

この質感、最高です。


これから少しがま口を錆びさせてから製作していきます。
 DSC_0273.JPG
いい色に錆びたらお渡し時です。
そしてお使いいただいて最高の雰囲気に仕上がっていきます。

ガルーシャ黒、今回分フリー在庫あと一枚となりました。
気になっておられる方はお早目に。
posted by tochca at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | がま口

2013年11月26日

Fermoir ancient

口金を使った新しいバック
年代が年代なだけにがま口を製作する工程とことなり、口金の外に本体が付き、その上に真鍮のプレートをのせ真鍮の釘ををリベットとして使います。
開閉したり持った質感、感触は画像では伝えることが難しいほどいいです。
不思議なのは100年前のものなのに形になったとき全く古さを感じない。
せっかくなのでいろんな形に挑戦したいです。

 DSC_0308.JPG

今日は天崎のFacebookからそのまま載せました。
ショルダーに使う金具も古き良き時代を感じ、女性らしく素敵です。
posted by tochca at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | がま口
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.