tochca

2014年05月02日

お久しぶりです。

お久しぶりです。
日々製作しておりました。
お知らせしたいこともいろいろです。
今日は最近のオーダーのご紹介。

まずはガルーシャ内縫い折財布。
よけいなものが何もないシンプルな折財布。
 DSC_0822.JPG
 DSC_0824.JPG
43,500円+Tax

そして長財布
 DSC_0844.JPG
 DSC_0840.JPG
ガルーシャこげ茶×イエロー
63,500円+Tax

 DSC_0842.JPG
 DSC_0841.JPG
ガルーシャ黒×レッド

 DSC_0880.JPG
オール黒
こちらはカード入れが2段タイプ
Zipのポケットにも十分な枚数のカードが収まりますがよく使うカード2枚では少ない、という方には表に4枚収まるよう仕様変更できます。
67,000円+Tax 

 DSC_0951.JPG
 DSC_0952.JPG
ガルーシャ こげ茶と黒 内側はブルー

 DSC_0954.JPG
 DSC_0957.JPG
ガルーシャ黒にピンクとブルー


関係ないのですが、Product、全く更新できていません。
それどころか消費税も5%のまま・・
早めに直します。
そして更新します。

ゴールデンウィーク!ですね、なぜゴールデンウィークと呼ばれるのか知らないのですが・・なんとなく響きいいですね、楽しそうで。
楽しいお休み過ごしてください!









 
posted by tochca at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お財布

2014年05月18日

がま口ショルダー再開です。

がま口財布につづきショルダーも製作再開となりました。
とても精巧に仕上がりました。
希望のがま口を作ってもらうのに今まで苦労しましたが日本の技術はすばらしいです。
お財布のがま口の仕上がりがとてもよかったので安心していましたが、今回も傷みやすいところは強度を増して届いております。

 DSC_1047.JPG
 DSC_1048.JPG
 DSC_1051.JPG


 DSC_1060.JPG

がま口ショルダーはいろんな開閉の仕方がある現在でも一番と言っていいぐらい開閉が楽です。
指でカチッとはじくだけ。
留める時も同じ。
ショルダーだと手放しでできる。

いいですね。

ということで、がま口ショルダー製作再開です。
(ショルダー部分を少し工夫すると肩掛けにもなります)

口金の幅 約20p
価格 68,000円+Tax
posted by tochca at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | がま口

2014年05月24日

リュック

先月の東京、
 IMG_1122.JPG
いつかのアンダルシア、
a17.jpg
職人の街トスカーナ、
 07110511_B2E8C1FC20064.jpg
思えば旅はいつもリュック。
両手がフリーなのはやはりうれしい。


今回製作させていただいたのは、黒。
 DSC_1023.JPG
 DSC_1024.JPG
 DSC_1028.JPG
この深く透明感のある黒はエメの特徴です。
使い込むのが楽しくなる革です。
革の風合いを活かすよう最小限の仕上げのため汗、水、摩擦により色落ちします。
早めのお洗濯で落ちますが白シャツはできれば避けていただければと思います。
こげ茶で白シャツを着ていた天崎。
色移りしましたが洗濯できれいに落ちていました。

エメ リュック
ブラック、カスターニョ、コニャックの3色
98,000円+Tax




posted by tochca at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エメ シリーズ

2014年05月26日

口金ショルダーとハンドバック

去年12月より製作している口金のバックシリーズ。
3型のうち使う用途が広いこのハンドバックとショルダーを今のところ一番製作させていただいています。

今回はお客様のご要望でポケットとショルダーのデザインを変更しました。
 DSC_1011.JPG
ポケットには縁にパイピングも付けました。
 DSC_1015.JPG
ショルダーは付け根から肩にかけ徐々に幅広になっています。
肩の部分は4pほどあります。

パリで出会った1910年代のデットストックの口金。
長い間倉庫の中で形になることを待っていた口金。
100年もの時、考えただけでどきどきわくわくしてきます。
ひとつひとつ大切に形にしていきます。
そして前にも一度書きましたが、
『口金を仕入れた時、ぜひ合わせたい革がありました。
口金に出会う前に訪れていた革屋さんで見ていた革。
二人とも口金を見た時にあの革と合わせたい、と同時に考えていました。
後日再び革屋さんへ。
定番のエメやナッパ、リスシオにくらべると含まれている油分は少ない質感です。
ですが、弾力のある革でハリがあります。
厚みもあり、裏地を付けるのに向かない口金にちょうどいいです。』

持っている、という感覚がしっかりあるいい重さの鞄。
持っていて私自身そう感じます。
大切にしたい素敵なバックです。

口金ハンドバックとショルダー
定番の型は190,000円+Tax
posted by tochca at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | がま口
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.