tochca

2012年08月20日

ヨブスと夏休み

8月29日〜9月18日まで伊勢丹新宿店5階にスウェーデンホームギャラリーさんが出店されます。
そこにヨブスのバックがたくさん並びます。
今回の新作バックはバスケット型のトートです。
 gamm1 (22).jpg
 gamm1 (18).jpg
 gamm1 (20).jpg 
 gamm1 (19).jpg
 gamm1 (24).jpg
その他、2Wayバックやトートもたくさん制作させていただきましたのでご自分だけの一点を是非見つけていただきたいです。



そして、4日間いただいた夏休み。
友人たちと田舎へ行ってきました。
 
まずは腹ごしらえです。
今回のメインはピッツァ!
友人が前日より仕込んできてくれたモチモチの生地に、好きな具をたくさんのせて焼きたてをいただきます。
いつか使えるかな〜と準備していた大きな大理石の板がここで役に立ちました。
 crcc119.jpg
ピッツァ!もちろん最高のお味でした。
他にもタンドリーチキン(私担当。)やバーベキュー、ご近所さんからいただいた鮎などお腹いっぱい。
子どもたちはスイカ割り。 
上手に割れたスイカはフルーツポンチに。
 crcc123.jpg

夏の定番、川遊びなど満喫できました。
 crcc121.jpg
息子くんも初めての川遊び。
自分でぴちゃぴちゃ遊ぶのはよかったようですが、抱っこして川に入ってみてもらうと、思ったよりつめたかったのか号泣でした。

プールは気にったみたいです。
 crcc124.jpg 

いいお休みいただきました。
オーダー分、しっかり進めています。





 
posted by tochca at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2011年08月03日

小銭ファスナー財布

ヨブス、グランドファザーズガーデンの生地で小銭ファスナー財布を制作しました。
生地を表に使ったお財布はかれこれ10年ほど制作し続けています。

 jobstypef.jpg
こうして長く定番商品として製作し続けられるのは、やはりお客さまからのオーダーがあり続けるからです。
 jobstypef1.jpg
どれといって同じものがないご自分だけのお財布を制作できるのも生地を使ったお財布の楽しい所です。 
自分好みの絵柄をえらんで、革の組み合わせを自分らしく選ぶだけで、
仕上がった時、ずっと手にしていたかのような安心感のあるお財布が仕上がると思います。
オーダーは仕上がりのワクワク感もありますが、間違いなく自分らしいものを手にできる安心感もあると思います。
もちろんお任せで、と言われればお客さまをめいいっぱいイメージしてお選びしています。

 jobwstypef2.jpg
この小銭ファスナー財布を今回お客さまに、こんなに使いやすい小銭入れはじめてでした。と言って頂きました。
このお財布の最高の褒め言葉です。

ありがとうございました。



明日、木曜日は定休日です。
よろしくお願いします。



posted by tochca at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年11月12日

ヨブス

スウェーデンホームギャラリーさんが新宿伊勢丹本店7階
北欧モダンコレクションに15日まで出展されています。

 5-2.jpg
スクエアバック

 5-1.jpg
2Way ショルダー

 5-3.jpg
ミニバック

他の絵柄、型もございますので是非足を運んでみてください。

Tochca用は近々ティストラー(アザミ)で制作予定。
 ティストラー100.jpg
(ティストラーの絵柄)
posted by tochca at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年08月31日

Jobs(ヨブス)

ヨブスコースター、これからステッチをかけて仕上げていきます。

 jobsco-suta-.jpg

葉の一部だったりお花だったり、生地の一部を切り取ってみるコースターはパズルの1ピースのようです。
ここはこの生地のどの部分だったかな?と見ているだけで楽しくなります。
先日LOGで開かれている友人の写真展に行ったとき、前日アトリエに来ていた彼女にヨブスのグランドファザーズガーデンのスクエアをとても褒められました。
青い鳥が幸福をよんで来そうだと。
ヨブスの生地には見る人によっていろいろな物語が生まれそうな、そんな幸せを感じさせる要素があると思います。

コースターのなかに描かれている1ピースから色んな物語を考えるのも楽しいかもです。
コーヒーを飲みながらゆっくり話が広がりそうです。
(私はお酒になりそうですが・・)

こちらはスウェーデンホームギャラリーさんへ納品です。

posted by tochca at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年08月22日

サマー

ヨブスのサマー(レッド)でショルダーを制作中。

summer56.jpg
レッドのサマー、初めて見ましたが、地の赤の色味が素晴らしいです。
やはり画像で見るのと実物では違いが出てきますね。

サマーのナチュラルでスクエア・ショルダーをレクエールさんでお取り扱いいただいています。 
是非手にとっていただきたいです。




posted by tochca at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年08月21日

大きいヨブストートバック

今回ヨブスのシリーズは新作が3型できました。
ミニバック2Wayショルダー、そして大きいトートバックです。

まだトートバックの全容はお見せできないのですが、色合わせをご紹介します。
 
 grandf d.jpg
グランドファザーガーデンはダークブラウンの革にイエローのステッチ。

 ruba p.jpg
ルバーブ ネイビーにはピンクの革にネイビーのステッチ。

 str bl.jpg
ストウッグラバット(コテージの庭)はブルーの革にグレーステッチ。

 tist y.jpg
そしてティストラー(アザミ)はイエローの革にグレーステッチを合わせました。 ティストラーは天崎自身、男が持ってもかっこいいな、とお気に入りの様子でした。

スェーデンホームギャラリーさんとの打ち合わせもスムーズで順調に仕上がってきました。
まだ先はありますが、順次仕上げていきます。

9月には東京にて見ていただけます。
また詳細はお知らせいたします。

posted by tochca at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年08月03日

ヨブスすすめています。

気づけば8月、猛暑に負けず日々ヨブスを進めています。

先日、広島では知らない人がいない鞄店に勤める男性スタッフの方が来られ、ヨブスの生地をとても褒めてくれました。
ヨブスのコースターを見て、少しの生地しか使ってないにもかかわらずその色合い、絵柄をとてもよく理解されていました。
嬉しかったです。

さて今日のご紹介、パンプキンという生地。
 jobs118.jpg
今回はミニバックを制作しています。

カスタニー(くるみ)という生地。
 jobs117.jpg
スクエアバックです。

一度みるとその良さは説明いらずです。
実際ご購入される方ほとんど一目ぼれでその良さをわかっていただけます。
生地の良さに負けない縫製、パターンで私達もがんばっています。
大切に永くお使いいただきたいです。
posted by tochca at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年07月28日

ヨブスを裁断

ここ数日、スウェーデンホームギャラリーさんからのご依頼で届いたヨブスの生地と楽しく格闘です。
今回ヨブスのシリーズは型数を3型増やし、より色々なシーンでお使いいただけるよう考えました。

まだ見たことの無かったヨブスの生地に感激し、どうバックに対してバランスをとろうかと考えながら裁断しました。
本当にすばらしいので、どこも無駄にしたくないのです。

 jobs1000.jpg  jobs1001.jpg

画像でよさを伝えるのは難しいです、是非実物を見ていただきたいです。
手にとって見ていただける機会の詳細がわかりましたらお知らせさせていただきます。
春夏秋冬、季節ごとに持ちたいヨブスのバックです。


明日はお休みです☆
posted by tochca at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年07月17日

ヨブス続きます。

久しぶりに晴れの広島です。
今日はヨブスの2Wayショルダーです。

 jobs47.jpg  jobs48.jpg
ヨブスの生地は1リピートで見るともちろん素晴らしいですが、こうして一部分の絵柄を切り取ってみても変わらずいいです。

W26H31D5とサイズも持ちやすく内ポケットもあるので使いやすいです。
今回分はもう店頭にはありませんが、次も制作する予定です。
制作時期はまだ決まっていませんが(生地の都合上)仕上がりましたらお知らせいたします。




posted by tochca at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年07月16日

ヨブス ミニバックと余談

水曜日にご紹介予定のミニバック・・
今日になってしまいました、すみません。。

さて、ヨブスのミニバックとても可愛く仕上がりました。
今回はアダムという名前の生地で。
 jobs40.jpg
底は革になっています。
軽くて持ちやすく、普段使いにいいとおもいます。

 jobs39.jpg

それにしてもアダム、かわいいです。

話は変わりますが、先日広島のテレビでTochcaを紹介していただきました。
それを偶然見たLEQUELの山下さんからその日にさっそくメールをいただき・・・感想もいただき・・・(失笑)
その事をブログで紹介までしていただきました。。
友人からはメールで天崎くんちゃんと喋れてたよ・・と。
皆さん気にかけてくれてありがとうございました。
がんばって喋っていました。
職人は喋りより手先が重要ですから、これからも良いものづくりをがんばります。
そしてテレビを見たと雨のなかお越しいただいた皆様ありがとうございます。
新作がどんどん出るわけではないですが、安心して長くお使いいただける定番商品を置いておりますのでまたゆっくりとお越し下さい。

こうして公共の電波向きではないTochcaの初めての挑戦は終わったのでした。







posted by tochca at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年07月13日

ヨブスでコースター

ヨブスの生地でいろいろコースターを制作しました。

 jobsc1.jpg  jobsc2.jpg

絵柄が大きいので、葉や茎の一部だったりいろいろですが、なんといっても色がいいです。
たくさん制作しましたのでお好みの絵柄・色を探してみてください。


明日はヨブス、ミニバックのご紹介♪

posted by tochca at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2010年03月15日

ヨブス

ヨブスの生地が届きました☆
今回はルバーブとサマー

jobs30.jpg
ルバーブ 1968年デザイン
バック用にカットされる前のルバーブの生地を久しぶりに眺めました。
カットしたくなくなるほど本当に素晴らしいです。

jobs31.jpg
サマー 1964年デザイン
今回初めて入荷したサマーという名前の生地。
こちらもやはり手にとって見ていると、細かな色合いなど一つ一つため息がでてしまう素晴らしさです。

やはり大量生産、機会染めでは出せない風合いだと言いきれると思います。

posted by tochca at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2009年05月27日

ひまわり

ヨブスのひまわり
今回は肩掛け+ショルダーに
 jobs20.jpg  jobs202.jpg
夏が待ち遠しくなるような、青い空を思いうかべるような
気持ちがパッと明るくなるそんなひまわり柄です。

いつかこの生地でスプリングコートが欲しい!
そんな事を願っています☆

明日はお休みです♪
posted by tochca at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2009年04月29日

スクエア完成

ルバーブで製作のスクエアバック。
今回は春夏秋とながく持っていただけるような落ち着いた絵柄。
 スクエア12.jpg  スクエア13.jpg
革はコニャック、ステッチは黄色です。
ピンクの花の下のほうにあるベージュ・パープル・オレンジの混ざったもう枯れた花でしょうか、そこにそれを描くというところ大好きです。 
ルバーブはたくさんの草花が描かれているのでどこでカットしても個性があり、バックになったときどれもステキだと思います。

ひまわりも生地のストックまだあるのですが、つぼみや後ろを向いたひまわり本当に自然に咲いているひまわり畑を見ているようでカットするのがなんだかもったいなくなってしまいます。
またいい型がひらめいたときに思い切ってカットしたいと思います。

posted by tochca at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2009年03月21日

スクエアトート

ヨブス、スクエアトートのご紹介♪
グランドファザーズガーデンという名前の絵柄です。
 jobs12.jpg  jobs13.jpg
 jobs34.jpg  jobs35.jpg
春にぴったりの絵柄。 いちごに木苺、かたつむりに幸せの青い鳥、たくさんの北欧の花々が咲いています。
すばらしい発色です。

こちらのバック、お店にはすでにありませんが、オーダーお受けいたします。
ヨブスの生地の説明はこちらで。 是非♪

posted by tochca at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2008年11月27日

お知らせ

11月26日〜12月2日までの間、伊勢丹新宿本店7Fにて北欧モダンコレクションにスウェーデンホームギャラリーさんが出展されています。
そのブースにてTochcaのJobs(ヨブス)バックを御覧いただけます。 開催中はバックのオーダーもお受けしていただけるということなので、お近くの方、東京へちょうど行かれる方、是非足を運んでいただきたいです。 
私も見たことの無いヨブスの生地や世界観など感じていただけると思います。

jobs15.jpg  jobs21.jpg
jobs22.jpg  jobs24.jpg


posted by tochca at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2008年08月18日

ルバーブA

ルバーブの生地でのバックの詳細です。 
  jobs10.jpg   jobs14.jpg
  jobs15.jpg   jobs16.jpg

Size W42 H23 D10(概寸)
取手の長さ 42cm
革の色 Olive
糸   生成り

肩にもかかる取手の長さで持ちやすく、とても軽く仕上がりました。 口の部分がファスナーなので、横長で高さをおさえたデザインになっていますが安心して持っていただけます。

生地違いでもオーダーお受けいたします。

posted by tochca at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2008年07月26日

ルバーブ

おはようございます。
今朝も暑いですね・・

さて、昨日に続きヨブスの生地でのバックのご紹介。
今回はルバーブという名前の生地で製作。
 jobs6.jpg  jobs7.jpg
左下から描かれているピンクの茎を持った植物がルバーブだと思います。 フランスではジャムなどで食べた思い出があります。(右左の画像でバック表裏の絵柄になります。)
この生地は、1968年にデザインされました。 昨日書き忘れましたが、ひまわりは2000年デザインです。
いろんな植物や花がいきいきと描かれており、十数色もの色が見事に調和しています。

 jobs8.jpg  jobs9.jpg
革はリスシオのイエローを合わせました。
ステッチ糸はグレー、ひまわりと同じく裏地はフランスの麻です。 やはり、この生地には定番で使っているタンニンなめしの革が良く合っています。 これから革の変化が楽しみです。 ステッチも麻糸と手縫いの風合いがよく合っていると思います。 革がメインのバックではなく、取手の製作も工程が多く複雑ですが、作業していてとても楽しいです。

Size W40(手に提げた状態で口の一番広い部分)
   H30 D10

posted by tochca at 10:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2008年07月25日

ひまわりのバック

 jobs2.jpg  jobs3.jpg
 jobs5.jpg
ひまわりの詳細、ご紹介です。
サイズはW40(手に提げた状態で口の一番広い部分のサイズ)
    H30 D10
取っ手は腕にもかかります。
生地には、大輪のひまわりや蜂が飛んでいたり、すらっと伸びた茎だったりこのバックのなかで色んなひまわりを楽しんでいただけると思います。 1リピートの中にこの柄はひとつだけ、という所にも惹かれます。

革は表面がスムースなリスシオを使用。 ステッチ糸はひまわりと同じ黄色、裏地にはフランスの麻を使用しています。
取手はくたくたにならないよう革と革の間に心材を入れしっかり仕上げました。  違う生地で同じバックを約5年使っていますが、今もしっかりしています。


是非一度手にとって見ていただきたいです。








posted by tochca at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

ヨブスの生地

先日ご紹介させていただいたひまわりのバック。
この生地はスウェーデン、ダーラナ地方で1944年に創設された家族運営の小さな手染め工房で生まれました。
その地方の豊かな動物たちや植物たちをパターンのインスピレーション源とし、そのデザインはヨブスデザインとして知られるようになりました。

全て機械化された染色業界でも手染めを貫くヨブスは数少ない手染め工房。 一日に約60mしか生産できないヨブスの生地は、非常に希少価値が高く入手も困難です。 ヨブスの理念は、機械染めの時代に手染めを守り続けていくこと、そして長年に渡って引き継がれてきた豊かな宝物、Jobsのサインが入ったデザインを守り続けること。新しいデザインも継続的に追加され、現在では約80のデザインが染められています。 使用されている生地は最高のベルギー製リネン、リネン混紡および綿で、年月を通して風合いが保たれ、使うほどに味わいが出てきます。一般の機械染めによる色あせがなく、デザインが永く楽しめることができることもヨブスの最大の魅力。

手染め生地の製作は長い経験、精度と根気が求められます。
デザイナーのパターンをシルクスクリーンに転写する事から始まります。
一色毎にスクリーン1枚に転写していく工程は、1パタ−ンあたり通常12色〜16色、多いものでは28枚にも及びます。つまり1デザインで28回も色を塗り重ねる気の遠くなるような作業なのです。
染料は手作業で調合されます。水、海藻、塩、顔料などをデザイン毎に精確に手で混ぜ合わせて調合します。
染色される原料の綿麻混紡、麻または綿生地は、加熱された30メートルもある長い染色台に貼り付けられます。そして、側面のレールにはスクリーンの位置決めをする特殊ボルトが取り付けられます。こうして色毎に、またパターンリピート毎にスクリーンを変えても精確な位置になるようにします。
染色作業は、職人二人が対になって染色台に向き合いながら進めます。スキージーを用いてスクリーン毎に染料を前後に刷り込んでいきます。 こうしてパターンリピート毎に一色ずつ染めていき、最後にベース色を刷ります。
染色が済んだ生地は乾燥され、染料を定着させて余分な染料は高温洗浄で取り除いて仕上げられます。一反が完成するまで多くの手間と時間を要した後、やっと使える状態になるのです。
(スウェーデンホームギャラリー様より文章をお借りし、許可を得て記載させていただきました。)

初め私はこの生地に出会ったとき、これだけの物語がある生地だとは知りませんでした。
半年ぐらいまえにこの生地のことを知りましたが、スウェーデンの生地という事しか知らず、とにかくこの色使い、柄、にとても惹かれました。
今回スウェーデンホームギャラリーさんを知ることにより、生地の物語を教えていただき、今回バックを製作することが出来ました。  一年だけではなく夏が来るたび、秋が来るたびに、と何年も持っていただけるようなバックに仕上げていきたいと思います。  
  jobs4.jpg








posted by tochca at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)

2008年07月22日

ひまわり

jobs.jpg

目の覚めるような大輪の向日葵。
スウェーデン、ダーラナ地方にあるアトリエからこのテキスタイルは届きました。


詳細、後日ご紹介させていただきます。
posted by tochca at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Jobs handtryck(ヨブス)
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.