tochca

2012年07月07日

ウズベキスタンの器

5、6年前ぐらいにギャラリーで偶然みつけたこの器。
 urttt1.jpg
 urttt11.jpg
ウズベキスタンのリシュタンと言うところで作られている陶器で、上の二つは古いものです。
色も絵柄もとても気に入って大切に使っているのですが、大皿など違う形も欲しくなり、いろいろ探したのですが無く、購入したギャラリーへ問い合わせ輸入されている方までたどり着くことができました。

私が探していた上のような色、絵柄ものは今はないとのことでしたが、
かわいい湯呑を購入することができました。
 urttt12.jpg
和食にも合いそうですし、使えそうです。
(お世話になっている方からいただいた安芸津のじゃがいもと一緒に撮ってみました。)
一つ一つ手描きでえがかれており、模様もよくみると微妙に違うのです。
色つけの感じも手作業を感じられる丁寧すぎない仕上げがなんとも手に馴染みました。
大切に使いたいです。
次は探していた古いものもウズベキスタンより送っていただけるということなのでとても楽しみです。
好きなものが身の回りに増えると生活が充実しますよね。



posted by tochca at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2010年11月29日

エメの黒 ヴァリエとカメラケース

今回の旅の鞄、天崎は エメ ヴァリエでした。
エメシリーズは3色のみですが、その風合いとエイジングは素晴らしいものがあります。

 emeva1.jpg
(本人に持ってもらいました。)

画像ではわかりにくいですが、数ヶ月ほぼ毎日のように使っているのでつやつやです。
通常のヴァリエはストラップでフラップを留める仕様になっていますが、実験的にドイツホックを使ってみました。
ヴァリエは、
 emeva2.jpg
このようにマチが大きく、荷物の少ないときはベルトが付いているので自然にマチがたたまります。
マチを広げるとたくさん荷物が入るので、普段使い、旅でも持ち歩くのにちょうどいいです。
ということで、開閉はらくですが調節の出来ないドイツホックは荷物がたくさん入ると閉じにくいということがわかりヴァリエは従来とおりのとめ方が良いという結論になりました。
といいましても、天崎のように鞄がぱんぱんになることが無い・・という方にはドイツホックもおすすめですのでどちらでも制作します。


もう一つご紹介。
カメラケースも仕上がり(9月のことですが・・)、毎日のように鞄にはカメラを潜ませている天崎です。
 lest1.jpg
こんな感じに仕上がりました。
 leist2.jpg
とても使いやすいと本人満足な様子です。
いつも持ち歩いているので、カメラケースもすっかりいい艶になっています。
腕前の方は上がっているのでしょうか?

黒の鞄や小物など今まで使っている所を見たことがありませんでしたが、エメの黒にはかなりの魅力を感じているこの頃の天崎です。



posted by tochca at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2010年09月08日

カメラ

突然ですが・・昨晩は天崎にとって忘れられない夜となりました。
いつか縁があったら欲しいと思っていたライカM3というカメラを手にすることが出来たのです。

数日前、出会いは突然でした。
友人の計らいで思ってもいなかったライカM3が急に近づいたのです。
その日から数日たった昨晩、念願のカメラが目の前に。
けして安いものではないですが、友人から聞いていた通り状態もとても良く、これ以上無いほど満足の品でした。

私はカメラのこと全くわかりませんが、毎日カメラの話で鍛えられているので(半分聞いていないような・・・)なんとなくその魅力は少〜しわかるような気がしてきています。

20年30年ばんばん使う!とはりきっているのでいい写真をたくさん撮ってもらいたいです。 ライカのカメラケースも付いていたのですが、いずれライカ用のケースを制作するようです。
出来たらご紹介させてください。

 leicam3.jpg
 天崎のライカM3 

明日はお休みです。
一日図書館でカメラの本を読むであろう天崎です。



posted by tochca at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2009年07月06日

新しい事 N2

前にご紹介したあの照明の第二段。
 DSC_2081.JPG
こんな風になりました。
今回はシャンデリアパーツをプラス。
家の中が暖かい雰囲気に。
何かに使えるかな・・といくつか蚤の市で買っていたガラスそして大量のプレート、ここで活躍することに。
posted by tochca at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2009年05月31日

ライト

季節ごとになんとなくお店の配置換えをしたくなります。
とはいってもほんとに少し・・気づかないぐらいですが。
今回は天崎の作ったライトをプラス。

まず手動のドリルで
 rit3.JPG
何かをねじっています。

そして仕上がりました。 ライト。
 rit4.JPG
ねじっていた正体は、
 rit5.JPG
電気のコードでした。
ドリルでコードをねじる?? 私は思わず笑ってしまいました。
そのままで!と写真をとりました。
道具は機能を応用するといろんな事に使えるんだな、と感心しました。

そしてお知らせ。
本日お問い合わせいただいていた母子手帳カバー仕上がりました。
お名前の刻印などご要望にお答えできると思います。
子供が20歳になったときにいい変化をした革のカバーと一緒に母子手帳を渡したいとお話いただき考えました。

posted by tochca at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2008年12月16日

看板

12月のなんとなく忙しいような中、天崎くんは
ka.jpg
看板作り替えました。(この時期に必要ある?と一応聞きましたが)
本人休み返上で試行錯誤、なんとか外に出せるまでに・・
今回は防水にしたかったようでコーキングをうっているのですが、この時期なのでまだ完全に乾いていません。
今回の看板、前より夜でも明るくなって、雰囲気も変わり新鮮です。

posted by tochca at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2008年03月11日

いろいろ

ここのところ商品の更新が続いていたので、ひとやすみ。

 画像 004.jpg  いろいろ3.jpg
ガラクタ市でみつけた古〜いお金とピーコートがとっても似合っていたおじさんのお店で買った古〜い南京錠、四角い鍵がかわいい、どことなくクマに見えてきます。 鍵としてもちろん使えます。

 いろいろ1.jpg  いろいろ2.jpg
蚤の市で見つけたバックル。 すごくステキです、いつか何かに使いたい。   
シャンデリアのパーツと鍵のカバー、残念ながらこのカバーにあう鍵の持ち主がほとんどいません・・。
 いろいろ4.jpg  いろいろ5.jpg
製作途中で放り出された?鍵。 
こういうものを見つけると、笑いながらも欲しくなる・・
そして古い額縁。
この額縁を使って明日のお休みは何かを製作する予定。
出来上がったらまたご紹介させていただきます。

本日、バックしあがりました。
木曜日にご紹介の予定です☆
posted by tochca at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2008年02月26日

ハングマーサン

 ? 013.jpg

お祝いにハングマーサンさんからワッフルをいただきました♪
しっとりしていて、甘さひかえめ、クリームの量もとっても私好みでした♪  そして、今気になるのが生ロールケーキ。 近いうちに食べます!

お店をご紹介しますね
ハングマーサン
廿日市市串戸2丁目5-5
Tel 0829-32-0480

そういえばハングマーサンさんとはパリでお花見をした仲。
今年も一緒にお花見できるといいな・・


P.S. 明日、水曜日はお休みいただきます。
   よろしくお願いします。 




posted by tochca at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2007年07月18日

道具

   画像 010.jpg   画像 011.jpg
 今日は商品から少し離れて道具のお話です。

これらは手縫いの革製品を製作するときに必ず使う道具です。 左がキリ、右が菱目打ちという名前で、どのように使うかというと、まず革の縫う箇所に軽く菱目打ちでしるし(跡)を付けていき、次にそこをキリで一穴ずつ穴をあけていきます。
その後、糸を通した二本の針で一目ずつ縫い上げていきます。
キリは自分の使いやすいように、先を加工したりして使用しています。 もちろん刃物なので、切れ味が落ちる度に砥いでから使います。 縫い幅のピッチや糸の太さなど、その商品に合うキリを選ぶということも大切です。 なので、キリも太さや長さ、刃の入る角度などさまざまです(砥いで短くなっているという事もありますが)。
この穴あけによって縫い目がきれいに仕上がるかどうかが決まってくるのでやはり重要な工程のひとつです。
 
posted by tochca at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り

2007年04月18日

LOG

IMG_3675.JPG IMG_3676.JPG
気がつけば約7,8年もTochcaの商品を取り扱い続けていただいているお店、LOG。 お財布や鞄など革や糸の色、ヴィンテージ生地をお客様に選んでいただきオーダー出来るお店です。 
今回、古い鏡やリネン類、サンダルなどパリで見つけたかわいい品々をLOGさんにて販売させていただいています。
LOGさんにはオーナー自ら製作したステンドグラスやアンティーク家具などお店に寄るたびに変化がありステキなお店です。

今回パリからの品々の中で、私のお気に入りはGenoの子供用ヘルメットです♪ 1950年代頃のものではないかと思いますが、かなり状態が良くかわいいです。
よかったら足を延ばしてみてください☆

LOG 広島市中区袋町5−4アベビル1F
袋町小学校のすぐそばです。
posted by tochca at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り

2007年03月10日

花公園 その2

前回の続きですが、
生地の他に
これ↓を購入しました。
IMG_3600.JPG

古い作業テーブルの引き出しです。
道具などを整理するのにぴったりだと思い購入しました。
少々傷みがあるので、これから天崎が修理して使うそうです。

この引き出しは前回書いたホームスパンリネンを扱うブースで購入しました。  なかなか評判良く、帰り道どこで見つけたの? なかなかいい。 とおばさまたちに言ってもらえました。
posted by tochca at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2007年02月24日

Retro Mobile Paris

古い車、バイクの展示会へ行ってきました。
おじいさんたちの懐かしい名車が大きな会場びっしりに並んでいて、目がキラキラ輝いていました。
以下、天崎の気に入った車たち。もっといっぱいあるのですが一部ご紹介。
IMG_3560.JPG IMG_3563.JPG 
トヨタが誇る2000GT! 輸入使用。
フィアット。 かわいいデザインです。
IMG_3547.JPG IMG_3549.JPG 
車種不明。後ろがボートのようなデザイン。かなり気になる車。
シトロエンSMの大統領専用車だそうです。
IMG_3541.JPG IMG_3558.JPG
プジョーのプロトタイプ。
ランブレッタやノートンなどの古いバイクのパーツを専門に扱うお店。

男のパワーにおされお疲れ模様のおばさまもちらほら・・・
次は10月に開催されるそうです。
posted by tochca at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2007年02月07日

ちょっとヴェニスへ行ってきます。

という響きに惹かれて観た『月曜日に乾杯』という映画。大好きな映画です。 そして私も明日からちょっとヴェニスへ行ってきます♪ フランスに来て初めての旅行です。パリにいると近隣諸国へとても安く行くことが出来ます。 パリに来る機会がある方はよかったらご連絡ください。 少しは情報提供できるかもしれません。。
posted by tochca at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2006年12月21日

パリに着いてまず・・

IMG_3161.JPG IMG_3158.JPG
天崎くんはこの自転車を買いました。 予算60ユーロという中で驚きの35ユーロで見つけました。 以前パリに来たときも古い自転車を一台日本へもって帰ったのですが、やはり古い自転車好きなようです、また古い自転車です。 それにしても35ユーロは安い!ということで残りの予算で早速反射板など安全対策部品を蚤の市で探し、わずかな工具で作業をしていまた。 この状態は9月ごろで今はまたもう少し安全対策部品がふえています。 パリでは自転車で歩道を走ることが禁止されていて、車と同じく一方通行を逆走中に警察官に見つかると罰金だそうです。危険な車の運転の中を同じように走るなんて私には無理です。一度も乗っていません。

今日、天崎は希望しているアトリエへ二度目の訪問をしました。一度目は、履歴書や志望動機など渡すために、今回はきちんと担当者へ渡っているかの確認です。 渡っているようですが、忙しい時期のため連絡を待つようにとのことでした。そのまま捨てられることも多いようですが、担当者へ届いていることが分かり少し安心しました。 ただ先日天崎がお会いした鞄業界に詳しい方の話だと、連絡が一年後にあるなどということもよくあるそうなので時間がかかるかもしれません・・・。 が、年明け早々に次のアトリエにも行くようです。 また報告させていただきます。
posted by tochca at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り

2006年05月31日

工業用ライト

今日は、アトリエで使っているライトをご紹介します。
初めは職人の希望により、シンプルで使いやすく、どこかデザイン性にも優れているこのライトを新品で一つ購入しました。 Tochcaの職人は一度バラバラにして組み立てるという癖があるようで、ライトも届いてすぐにバラバラになっていました。 その結果、見た目だけではなく構造のシンプルさも大変気に入ったようで、その後フランスに行くたびに錆びて壊れたライトを少しづつ集めています。 なぜ壊れているのに買うのかというと、価格が安いのと、丈夫で修理すればまた使えるようになる所がいいようです。
1950年代から変わらないデザインというところもこのライトから自信が感じられます。 

修理待ちのライト
フランスJielde社製 

IMG_2986.JPGIMG_2983.JPG

posted by tochca at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.