tochca

2010年07月12日

スペイン

スペイン優勝しましたね。
と、全くサッカーわかりませんが、やはり4年に一度、もりあがって応援していました。
今日は自然と目が覚めたので起きてスペインを応援していました。

去年アンダルシア地方に滞在していたとき、朝テレビをつけるとフラメンコかサッカーダイジェスト、夜テレビをつけてみるとフラメンコかサッカー、という具合に毎日そうでした。

カディスという海辺の町へ行ったとき、
 cadiz100.jpg
窓ガラスが完全に無く、かわりに地元チーム カディスの旗やいろいろで外と家との境をつくっていました。
なかなか見ない光景でシャッターをきる。。

 cadiz101.jpg
夜、カディスのバーで。
みんなテレビのサッカー中継にくぎづけです。

 cadiz102.jpg
試合終了直後・・
当たり前のようにお店のシャッターが閉まり始めます。
その後街は眠りにつきました。

今日は歓喜で眠りについていないだろうなぁ。
それにしても、優勝と2位ってあれだけ違うんですね。
勝負はすごい!





2010年05月04日

まだまだゴールデンウィークです。

今日も暖かいですね!
半そでの人も多いです。
お休みモードいっぱいな広島の街です。

朝からのんびりした空気の中リラックスしている人を見ていると、去年の旅を思い出しました。
アンダルシア地方カディスでのひとコマ。

歩いていると、大きな何かを持っているおじさんがいました。
cadiz53.jpg
近づいてみると、漁師さんで釣った魚をさばいてレストランに売りにきていました。
cadiz51.jpg
断られたようです・・。
このあと振り返り私達にいるか?と尋ねたのでした。
それにしても大きな魚、手に持つと・・なんだか美味しく無さそうな気がします・・。

このおじさんがなぜ気になったのかというと、近くの靴屋さんで気に入って買い、すぐ履き替えたサンダルがおそろいだったのです。
(おじさんの足元に注目、色違いです)
cadiz52.jpg
雨でも履けていいわ〜と喜んでいたのですが、漁師さんがはく靴ですから、とうぜんですね。

今年の夏も活躍してくれそうです。

さて、旅気分に浸ったあとは仕事に戻ります。
タッセルキーホルダー・ストラップ、
生地のキーホルダーもたくさん出来ています。
たくさんあるうちに選びにいらしてください☆

2009年11月28日

白い街

アンダルシア、アルコス・デ・ラ・フロンテーラという白い街

 arcos1.jpg  arcos12.jpg
雲ひとつ無い青空、照りつける太陽、西暦711年断崖絶壁の上にこの街が生まれたそうです。
 arcos13.jpg  arcos14.jpg
車一台通れるか通れないかという細い道が続く。
車が通るときはその辺りの曲がり角や家の入口などくぼみに人が入り車を通してあげる。 
車も人も笑顔でゆずりあい、すごいな、と感じました。

 arcos5.jpg  arcos6.jpg
突然の雨の後、やわらかい光が街をより美しくみせてくれる。

旅からうまれる新しいイメージ、ものづくりに活かしたいです。

2009年11月17日

セビリヤのスーパー

旅に出ると楽しみなのがその土地のスーパー。
日本で見かけないものもたくさんあり、その町に暮らす人に少し近づいたような親近感を覚えます。

スーパーに行くと入口付近に、
 a23.jpg
ハムを足ごと置く台が、
一家に一足ですか?

 a19.jpg  a18.jpg
一家に一足でした。 
おばあちゃんも奥様も一足単位で普通に買っていました。
だからスーパーの入口に足の台ね、納得。

 a20.jpg  a21.jpg
本場なだけにハムの種類は本当に凄かった。

そして、長さが二倍のパスタ。
 a22.jpg
どうして二倍なのか?
知っている方是非教えていただきたいです。

 

2009年11月14日

セビリヤの蚤の市?

まだ続くアンダルシア日記。

日曜日の午前中に蚤の市があると知り、早起きして出掛けました。
途中道に迷い、歩いている人に尋ねると、その場まで連れて行ってくれました。 お礼を言ってさっそく蚤の市へ〜♪♪ アンダルシアにはどんな楽しいものがあるのかワクワクで行ってみると、
がら〜ん、人がほとんどいません。
切手やコインが少し売られているぐらい。 
ちょっと早かったかな?ということで近くで朝食を。 それでも人気が無いので近くにある大聖堂の見学を。 
11時、なんとなく不安を抱えながらもう一度行ってみると、がやがや人の話し声が聞こえてきました。 
 15.jpg  16.jpg
人もお店も増えたのですが、ほぼ切手とコイン・・ほぼおじさん。
蚤の市に勝手なイメージを持っていたことに反省しました。
そして午前中というのは、ここではだいたい10時〜14時の事をいうのだと学びました。

製作に使えそうなパーツ等は仕入れることが出来ませんでしたが、天崎くんは自分用に方位磁石を買っていました。
Made in JAPANとはっきり書いてあったのですが、本人は満足そうに店主と硬い握手をし買っていました・・。
 a17.jpg  18.jpg
もちろんその後、その方位磁石を手に歩いたのでした。

2009年11月10日

セビリア(Sevilla)

アンダルシア日記

今回スペインへは日本から直行便が無いのでパリ経由で行きました。
パリからはRyanair(ライアンエアー)という格安航空チケットでまずバルセロナから少し北にあるジローナという所まで飛び、そこからセビリアまで飛びました。

夜着き、空港から町までバスで行ったのですが、暗くて方向が全くわからずタクシーに乗り換えホテルまで無事・・と言いたい所ですが、夜の市民マラソン大会のおかげで通行止め・・適当なところでタクシーを降りて結局徒歩でホテルを探しなんとか到着しました。

もの凄く危険そうなエレベーターに乗ると、
 1.jpg なんだか怖い表示。
その後エレベーターを使うことは無かったです。

ひとやすみして近所にあった活気あるレストランで食事し、気分よく酔っ払ったフランス人観光客に軽くからまれながら楽しいひと時をすごし一日を締めくくりました。

翌朝、散歩
 2.jpg
この日の朝は少し寒い。
 3.jpg 4.jpg
まずは朝食を、となんとなく感じのいいお店へ。
イベリコハムとたっぷりオリーブオイルのみのシンプルなサンドイッチ、これがとてもおいしかったです。半分ずつでちょうどいい。

基本仕事が早く感心していたのですが、
a5.jpg理由はこれ←
サッカーを見たいのです!! 
サッカーをあまり知らない私たちは、お店を出てまた散歩。

 6.jpg
こうなるまで乗れるんですね。車って丈夫だ。

靴の道具屋さん発見。 
 7.jpg  8.jpg
突然の訪問にもかかわらず親切に対応してもらいました。
ただ探していた道具は在庫なし、残念。

小道をぐるぐる散歩して、川沿いへ。
ボート大会。
 9.jpg
昨夜のマラソン大会に続きかなりたくさんの人たちが参加していました。 サッカーもそうだけど、本当にスポーツが好きなんだな、と感じる朝でした。

ここまでで判ったこと、ここの人たちは本当におせっかい親切だということ。
色々な場所で助けられました♪




2009年10月30日

オリーブ

のんびりとアンダルシア地方日記続けさせていただいています。
よかったら読んでください。
HPへ、製品も来週からUPしていきます。そちらも見てください☆

では、日記へ。
アンダルシア地方は本当にオリーブ三昧。
ビール一杯たのめばポン、とオリーブがそえられる。
 olive.jpg
どこまでも続くオリーブ畑。
olive2.jpg  olive3.jpg
セビーリャという町のオリーブ。
右はオリーブと一緒に大きなトウモロコシのような実。

olive4.jpg  olive5.jpg
アルコス・デ・ラ・フロンテーラという町のオリーブ。
お店によってどこも特徴が違い美味しく、飽きません。

olive6.jpg  olive7.jpg
カディスの市場。 お家で漬ける用のオリーブもたくさん! 漬けてあるオリーブもたくさんで、種類が本当に豊富。 どれも味見したくなります♪ 眺めているとお店の人がなぜか手前に写っているマグロのスモークのようなものを手づかみでホイっとくれました。
日本人=マグロ好き、と思われたのかな? でも贅沢言うと色々オリーブの味見大会させてもらいたかったです。

毎日オリーブを食べていたからか、乾燥しているにもかかわらず、リンスなしでも髪がぱさつかなかったです。
食物から摂る栄養って大切ですね。




2009年10月28日

Cadiz

大西洋を望む、カディスの街。
のんびり釣りを楽しむ人発見。
cadiz1.jpg
ん?ん??
cadiz.jpg
釣竿が、はかなくなったデニムを(てきとうに)縫い直した袋に収まってる(笑)
自然体のエコだな。。

2009年10月20日

旅の鞄

今回の旅の鞄は、
 旅の鞄5.jpg
やはり定番リュック、そしてドラムショルダー。
プラス今回旅に出る、ということで製作したプリュムのショルダー付。
プリュムを今毎日使っていて、軽くとても使いやすく気に入っているのですが、旅で手提げというのはちょっと不安だったのでショルダータイプを製作しました。 サイズもプリュムよりも大きめです。
 旅の鞄6.jpg
ぱんぱんに荷物をつめて、荒々しく使ってきましたが気になるようなキズもつかず、真っ青な空の下、少し鞄も日焼けして帰ってきました。 手提げも好きですが、両手を常にフリーにしておきたいときはやはりショルダー、リュックがいいですね☆



2009年10月13日

アンダルシア地方@

今日は通常通り、だいぶアトリエも落ち着きました。
今日は少し旅の話を。
スペイン、アンダルシア地方にあるアルコス・デ・ラ・フロンテーラという断崖絶壁の上にある小さな町。
旅も半ばだったので1日のんびり過ごすことにしました。
早めにホテルに帰ると、にゃ〜ん。 と部屋からまるでトムとジェリーのトムのような猫が迎え出てくれました。
そういえば、窓開けたままでかけたけど、この崖のどこから来たの?というほどの場所。 せっかく迎えてくれたので、一緒にのんびり。
arcos1.jpg  arcos2.jpg
小さな二階建てのテラスが付いていたのですが、その一階の屋根のような日よけの上でごろ〜ん、ごろ〜ん。
リラックスしすぎじゃないですか・・と言いたくなるぐらい私たちの手の届かない最高の場所でいつまでもごろごろごろ。
さんざんごろごろして、
 arcos3.jpg
何事も無かったようにきりっとした顔で、
 arcos4.jpg
景色を眺めるのでした。
Copyright(c)2013 tochca. All Rights Reserved.